東大対策講座

東大対策講座についてのお問い合わせは、
大学受験藤沢校(0466-50-5353 13:30~20:00/日曜除く)までお願いいたします。

東大英語講座 | 東大理系数学講座 | 東大文系・一橋大数学講座

東大 英語講座

東大英語講座

 東大の入試問題は、「要約」「段落または文挿入」「英作文2題(近年は、①写真や格言への意見 ②和文英訳)」「リスニング」「英文訂正」「英文和訳」「読解(主にエッセイや小説)」と出題形式が多種多様で、これらを120分で解答することが求められます。一見すると慌ただしさを感じざるを得ませんが、難問や奇問のない構成になっています。様々な語彙や表現を蓄積し、的確な思考を用いることができるように訓練していけば十分に対応できます。

東大 英語クラス

 東大英語クラスでは過去問や類似問題を使用します。通年で授業内演習後に解説という流れを基本とし、自由英作文については添削形式の課題としています。前期は各出題形式に応じた解法の定着を目標とし、後期は解答の速度を意識しながら、さらに実戦に近い演習形式で展開します。

2019年度 開講校舎・時間
校舎 曜日 時間
藤沢校 火曜 19:40~21:40
金曜 19:40~21:40

東大 理系数学講座/
東大 文系・一橋大数学講座

東大数学講座

 東大の入試問題は考えさせる問題が多く、試験時間内に完答をするのがなかなか困難です。文系も大問4問のうち、1〜2問が理系との共通問題。思考を要する問題も多く、得点には論証力と計算力が共に必要です。
 一橋大は大問5問の出題分野はほぼ固定されていますが、難度は理系大学と遜色ない水準。中でも「整数」、「確率」は思考力などの総合的な力が必要とされます。

東大理系クラス

 東大理系クラスの前期は、まず頻出となる「ベクトル、座標、数列、整数」を扱い、夏期講習の「場合の数・確率」と合わせて早い段階でひと通りの内容を学習します。後期は思考力を伸ばすためのテスト演習を行い、数学の記述力を高めていきます。
 数学を得点源にしたい人に受講をお勧めします。なお、本科講座の数ⅠⅡABの授業の代わりとして受講することが可能です。

2019年度 開講校舎・時間
校舎 曜日 時間
藤沢校 土曜 14:00~16:00

東大文系・一橋クラス

 東大文系・一橋クラスの授業では思考力を鍛えることと、考え方の定着を図ります。前者については、テキストの問題を授業までに事前に取り組んできて、授業時に「どこに着目してどのように考えたか」をやりとりしながら、重要な解法を確認。後者については、授業後半の時間を利用して類題演習を行っていきます。また、添削課題を通じて授業内容の定着を確認していきます。
 東大文系・一橋は試験での出題単元が大体決まっていて、過去問の類題が出題されることも多いことから、この講座では過去問も多く扱い、重要単元にじっくりと取り組んでいきます。

2019年度 開講校舎・時間
校舎 曜日 時間
藤沢校 土曜 14:00~16:00