大学合格者の声


早稲田大学 教育学部複合文化学科
Nさん(弥栄高校/生活デザイン部・写真部・ESS)

 信じられません! 家族、友達、ステップの先生が、今までにないくらいテンション高く喜んでくれたのが嬉しかった。いろいろな情報に囲まれながらも、常に「自分」を見失わなかったことが合格の決め手かも。


早稲田大学 教育学部数学科
Hくん(海老名高校/バレーボール部)

 今の気持ちは本当に嬉しい。高3の4月に、友達に負けたくない気持ちから本気になりました。友達と時には競い合い、時には励まし合った。それが大きな力になった。早稲田では何かで1番を取りたい!


早稲田大学 先進理工学部電気・情報生命工学科
Nくん(小田原高校/軽音楽部)

 志望校が決まらず、勉強もあまり手がつかない時期もあったけれど、決めてからは猛スパート。特に模試は苦手分野の発見を意識して、科目バランスを重視しました。苦手な英語も弱点をつぶしていったことが合格の決め手かも。


早稲田大学 教育学部社会科
Mくん(相模原高校/バレーボール部)

 学校は友達と話をして楽しむ場所、ステップは集中して勉強に臨む場所。切り替えをすることでメリハリが生まれました。早稲田にいきたいという思いが強かったので、解いた過去問は5学部を各10年分。これが自信につながりました。


早稲田大学 先進理工学部電気・情報生命工学科
Kくん(平塚江南高校/ソフトテニス部)

 部活や行事が終わった後の切り替えがうまくいったと思います。スマホのゲームを消去したらやることがなくなり、睡眠と食事以外は自然と勉強に。本当に濃い期間でした。今回の結果には自分自身が一番驚愕です(笑)。


早稲田大学 人間科学部人間環境科学科
Kくん(海老名高校/陸上競技部)

 高1のとき学年順位が300番台だった自分が、まさか早稲田に受かるとは! 努力が結果に表れてとても嬉しい。英語と政経を徹底的に勉強して、2科目で高得点を取れるようにしたのが良かったのかな。


早稲田大学 先進理工学部化学・生命化学科
Oくん(小田原高校)

 自分にとっては模試が勉強の原動力。毎回「負けたくない!」って思いながら勉強してきました。合格の知らせを聞いて胸のつかえが取れました。その日からじわじわと嬉しさを募らせています(笑)。受験を通して人として強くなれました。本当に良かった!


明治大学 経営学部
Tくん(座間高校/野球部)

 どんなに部活が忙しくても、テスト休みの期間を利用したり、英単語だけはしっかりこなしたり、工夫して乗り切りました。ひたむきに勉強すれば結果はついてくる! 諦めない大切さを身に染みて感じた受験でした。


青山学院大学 理工学部情報テクノロジー学科
Nくん(大船高校/弓道部)

 勉強は何回も解き直しすることが大事! 高2の冬から毎日、自習室に通うようにしていました。自習の合間には好物のプリンを食べてリラックス。適度な休憩で気分転換しながら、つらい受験を乗り切りました!


青山学院大学 文学部英米文学科
Tさん(足柄高校/ソフトテニス部)

 憧れの大学に合格できて本当に嬉しい! モチベーションの上がらない日こそ自習室で勉強。受験までの期間は今までで一番つらかったけれど、勉強以外のことも学ぶことができて、自分にとって有意義な時間でした!


青山学院大学 経済学部経済学科
Sくん(伊志田高校)

 受験勉強は高2の11月から始めました。どんなに忙しくても、毎日何かしらは勉強するように。特に英単語には力を入れました。遊びたい気持ちを我慢して本気で頑張ったので、第一志望に合格できて本当に良かった!


青山学院大学 経済学部経済学科
Nくん(瀬谷高校/サッカー部)

 1つの目標に向かって、これほど全力を注いだ経験は初めて。受験勉強は初めのうちはつらかったけれど、力がついていることを実感した頃から楽しくなった。受験で培った集中力と忍耐力を発揮して、税理士になるための勉強に励みたい!


立教大学 経営学部国際経営学科
Nさん(鶴嶺高校/軽音楽部)

 今はたくさん遊べるのが嬉しい! 好きなことをたくさんできるのがすごく幸せ(笑)。最後まで日本史を毎日復習して、試験直前は英語の授業で使ったプリントを見直しました。将来はグローバルに活躍できる人になりたいです。


中央大学 法学部法律学科
Sくん(茅ケ崎北陵高校/ダンス部)

 受験当日までの謙虚さと当日の気合いが合格の決め手。秋の文化祭でのダンス発表までは、勉強と部活のメリハリをつけて取り組みました。受験で得られた知識、学習欲を絶やさず、大学でも新しいことを学んで資格取得を目指します!


中央大学 経済学部経済学科
Kくん(上溝高校)

 中央大の初戦では緊張で腹痛に。次の入試では落ち着いて受けることができました。複数回出願して本当に良かった! 受験を通して自分を客観的に見られるようになり、勉強だけでなく、人間として成長できたようにも思います。



 <前のページへ>